スポンサーサイト

  • -
  • 2014.02.15 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています






週刊ロバビル 7月17日号


himaar HP  http://himaar.com/



週刊ロバビル 7月17日号 


ロバビルから、こんにちは。


ロバビルとは、山口県岩国市の市役所近くにある、まあビルと呼べなくもない、小さな3階建ての建物です。

1階は店、2階は住まい、3階は工房。

“himaar”という名前で革小物をつくっている私たち夫婦の、新たな拠点です。


himaar(ヒマール)は、アラビア語でロバの意味。

なので、ロバビル。

準備の段階でなんとなく場所の仮称として呼んでいたら、周りの人もそう呼んでくれるようになって、

そのまま通称に。

正式名ではないので、もし岩国へいらっしゃって「ロバビルはどこですか?」と道をたずねてもたどり着けま

せんので、くれぐれもご注意ください。


私たち夫婦は、昨年5月から始めた“東京〜山口行ったり来たり生活”を経て、今年4月25日、長年住み慣れた

東京・西荻窪を離れ、ここ山口・岩国へ引っ越してきました。


なぜ、東京から山口へ引っ越すことにしたのか?

そしてなぜ、店をやることにしたのか?

東京〜山口行ったり来たり生活とは?

そもそもhimaarって誰?……という疑問も当然おありでしょう。

山口への移住を決めるまでの話、そしてhimaarのことは、それ以前の私たちのことも含め、この2月に手創り市

ブログへ記事を書かせていただいてますので、よろしければ、そちらをご一読いただけたら嬉しいです。


そちらのブログ記事を“これまでの話”として……。

この連載では、その後のこと、そして今のロバビルでの日々をつづってまいります。


さて。

6月15日に店をオープンして、ちょうどひと月がたちました。

店というのは、ロバビル1階につくった“himaar coffee & crafts”のこと。

私たちhimaarの革製品のほか、私たちが手創り市などで出会ったさまざまな作り手の手仕事の品を紹介する

セレクトショップに、喫茶を併設しています。

オープン前、このあたりの飲食店組合の組合長さんから「ローマ字だけじゃ、なんの店やらわからんよ」とアド

バイスをいただき、店の入口やショップカードには“コーヒーと手しごと ヒマール”と日本語でも併記すること

にしました。


coffee・コーヒーが店名の先にきていますが、メインはセレクトショップ(「物販部」とか「雑貨のほう」

とか呼んでいます)で、たとえ喫茶スペースのほうが広かろうとも、喫茶は“おまけ”と考えています。


おまけとしている理由はいくつかあります。


まず、店をやるという考えの始まりが、飲食ではなくものづくりからだったこと。

自分たちがつくる革小物やほかの作家さんがつくるものをゆっくり見ていってもらいたい、という気持ちが

あって、見て、一服して、また見て……ということができたらゆっくり過ごしてもらえるかな、ということ

から、できれば喫茶も、と思いついたことなので。


それから、カフェや喫茶を名乗るにはメニューが少ないこと。

ランチやモーニングを……という声はたくさんいただいているのですが、自分たちが納得できないものは

出したくないし、出せない。

感じがいいな、と思って入った店で、業務用のできあいを温めただけで出されたら、私たちはがっかりなの

で(冷凍やレトルトを批判しているわけではありません。食べてますし)、今の自分たちにできる範囲で、

自分たちがおいしいと思える飲み物とチーズトーストとおやつ、それだけを出すことにしました。

 

そして、スペースを喫茶に限っているわけではないということも。

喫茶スペースを利用して、これから、ワークショップや演奏会、講演会、展示など、いろいろなことをやって

いきたいと考えているので。


しかし、おまけといえども、トーストに添えるピクルスは妻が毎週漬け、おやつは夫が毎朝つくり、「ウチの

コーヒーが岩国で一番おいしい」そう思ってお出ししています。

コーヒーだけ飲みにいらっしゃるお客様も大歓迎。

喫茶目的のお客様にも、ちらっとでも、少しずつでも、作品も見ていただけるようになったら嬉しいな、

と思っています。


ところで。

店をオープンしてから会う方々によく言われることがいくつかあります。

そのひとつが、「改装工事、長かったですねえ」。

そのあたりの話を、次回は書こうと思っています。


では、また来週。

ロバビルからでした。





※「週刊ロバビル」は毎週火曜日の更新となります。

 ご感想は下記mailまでお気軽にどうぞ。


よいよ始まりましたね。山口県岩国からhimaarさんがお届けする「週刊ロバビル」。

私自身、これを読みながら山口行きへの期待を膨らませようと思ってます。

今後とも宜しくどうぞ。 名倉


手創り市

http://www.tezukuriichi.com

info@tezukuriichi.com







スポンサーサイト

  • -
  • 2014.02.15 Saturday