スポンサーサイト

  • -
  • 2014.02.15 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています






琉球折々(7月19日)




手作りせっけんは お肌に優しく、環境にも優しい



せっけんを作る以前は、そんなキャッチコピーを見るたびに、


せっけんは あらゆる洗浄剤のなかで最も優秀なものだと思っていました。




実際に自分がせっけんを作るようになり、さまざまな言葉を目にしていく中で


それが一概には言えないことに気づかされました。



その一つが、パームオイルについてです。


せっけん作りの本によく載っているレシピでは 「パームオイル」が欠かせません。


溶け崩れにくさを出すのにとても良い働きをします。


パームオイルは、市販のせっけんや洗剤に欠かせないオイルです。



消費量も世界的にとても多く、パームオイルの生産方法による環境問題については


以前から問題提起がなされています。



積極的にせっけんの販売をしていたころは、


消費量を上げる者の一人とならないように


パームオイル不使用のせっけんばかり作っていました。


代わりにシアバターやラードを使ったせっけんを作るようになりました。



それはそれで満足のいくものになりましたし、


パームオイルを使わなくても 上質な石けんを作れることが分かりました。




「これからはパームオイルを使わずにせっけんを作ろう!」と実践して2年が過ぎました。


ただ、未だに どうしても使いたくなるパームオイルがあります。。


それは、レッドパームオイル。



通常のパームオイルは、精製されて真っ白なのですが


レッドパームオイルは朱色のきれいなオイルです。



せっけんに使うと、オレンジジュースのように可愛い色になります。


お肌にも色々と有効な成分が含まれています。



レッドパームオイルを使いたい、けど「使わない」と決めたから購入できずにいました。




そんなとき、沖縄で暮らす友人が


「赤い油をもらったのだけど、どう使っていいかわからない」と、私に譲ってくれました。




商品として目の前にあるレッドパームオイル。。。


これを料理に使おうが、せっけんに使おうが、消費量は何ら変わりないのだから


せっけんに使ってしまおう!


と、自分の決めたルールに雁字搦めになりながらも、


2年ぶりにパームオイルを使ったせっけんを作りました。










以前のようにせっけんを商品として沢山作っていない今、


ものづくりを純粋に愉しむことを大切にしたいという思いと


これまでこだわってきたものを見直す労との


両方が頭の中でぐるぐる廻ります。



簡単に答えを出すのは難しいですが


これからも 作る喜びを存分に味わっていきたいと思います。



※「琉球折々」は隔週木曜日の更新となります。

 ご感想は下記mailまでお気軽に銅像。


手創り市

http://www.tezukuriichi.com

info@tezukuriichi.com


 





スポンサーサイト

  • -
  • 2014.02.15 Saturday





categories
selected entries
archives
search this site.
PR