スポンサーサイト

  • -
  • 2014.02.15 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています






248 note (最終回)




今日で248noteが終わります。


今の気持ち。


私たちは『∴つづる』をやらせて頂いて、本当に良かったなぁと思いました。

それは、なぜかと言うと、色んなことを考えることが出来たからです。


作品のこと。自分たちの想い、考え方のこと…

実際に、文章にして書く、ということは

自分と向き合って考えを整理することだったり、

新しい発見を生むことだったりと、良い効果がたくさんありました。

だから248noteは、私たちの財産となりました。

ただ、再三言うように、毎週いろいろなことを書く、ということは

簡単ではありませんでした。

思えば5回目辺りから「何書こう…」という悩みが始まりました。

もちろん伝えたいことは、たくさんあったはずなのに、です。

「つづらねば」で始まる週末。

1週間は早い。

先週しぼり出してつづったと思えば、もう今週。

そんな日々でした。

でも、それが今回で50回目〈1回休み)を迎えます。

しばらく休もうか、と思ったこともありましたし、

やめようか、と思ったこともありました。

今の気持ちは、やっぱり良かったなぁです。

継続するということは、大変です。

でも、継続は、新しい何かを生みます。

今もそこに有り続けている手創り市を見ていると

それは確信に変わります。


ですので、いろんなことをひっくるめて言い表すと

「こんな大変な想いをさせて頂き、

勝手に憎んだりしちゃったけど、心から感謝しております。

本当にありがとうございました!!!」

です。


そして、新しい何かは生まれます。

私たち248 nishiyaが今やろうとしていること。

それは、アトリエをつくることです。

着々と計画は進み、

予定では3月に完成します。


大きな決断。


その空間で

何を感じて

何を伝えて

何をみせられるか。


私たちの構想は、

月に1度のアトリエ公開。

全国の方々が仙台に遊びに来てくれたらいいなぁ。

そんな妄想がふくらみます。


まだまだ構想段階。

たくさんの可能性とたくさんの未来が詰まった場所が創られます。


そして、これからまだまだ

新しい”何か”が始まります。





一年間、本当にありがとうございました



248 nishiya




どうも、憎まれもの世にはばかる名倉です。

震災後、1からのスタートとなった248さん。

生活環境から一変し、そこから更にものづくりの環境も仕切り直しの日々。

そんな中で私は連載記事をお願いしました。ある意味、人の迷惑も考えないで、という奴です。

けれども、震災を身をもって体験した248さんだからこそ(すべての人々が「体験」している

のですが、ここでは敢えて)、語るべきことはあったはずですし、語らぬことでもきっと

それはものづくりに反映されると思いました。

連載は終わりを迎えましたが、248さんのものづくりは新たな局面を迎えております。

それはアトリエをつくること。

そのアトリエではきっと248の世界観が存分に味わえるでしょう。とても楽しみです。

本連載「248 note」は終わりを迎えますが、手創り市の新たな会場&SCENE内に

できるギャラリーにて248さんの個展を開催する予定でおります。

詳細が決まりましたらお知らせを致します。

248さん、1年間もの連載お疲れさま。ありがとうございました!!


・・・・・


248 nishiya さんは10月13・14日開催されるARTS&CRAFT静岡に出展致します。

仙台より静岡へ。248の世界観を是非ともご覧ください!!


手創り市

http://www.tezukuriichi.com

info@tezukuriichi.com







スポンサーサイト

  • -
  • 2014.02.15 Saturday